googleサーチコンソールってなに?

google サーチコンソールを大雑把に説明!

google サーチコンソールは簡単に言うとgoogleさんが提供しているサイトの健康診断みたいなものです。ちなみに、以前はgoogleウェブマスターツールと呼ばれていました。

googleは、検索した人になるべく役に立つサイトを見せたいと考えています。そうすることでgoogleはユーザから信頼され、たくさんの人に使ってもらえるからです。

ただ、役に立つ情報が掲載されているサイトだからといって、そのサイトが使いやすいサイトであるとは限りません。例えば1ページ表示するのに10秒かかったりとか、スマホで見た時に字が小さすぎて全然読めなかったりとか、技術的な問題でエラーが出るページがあったりとか、そんなサイトを見せてしまったらgoogleの評判も台無しです。

そういったサイトの問題を検出して教えてくれるのがサーチコンソール(略して幸子)というわけです。

幸子が教えてくれること

– あなたのサイト、こんな検索ワードの時に表示されがちですね
– なんかページにアクセスしたらエラーで見れないんだけど
– モバイルで見た時に見づらい箇所があるんだけど
– なんか似たようなページがたくさんあって意味分かんないだけど
– このページ遅っ!
– wordpressのバージョン低すぎてやばいんですけど

サーチコンソールの管理画面にアクセスするとそういった情報を確認できるようになっています。重要なお知らせは登録したメールに届きます。

問題が検出されたら修正する

– エラーページがあれば、エラーを解消したり、不要なページなら消したり
– 見た目の問題の場合は、該当ページを開いて中身を確認→修正

ちなみに、エラーのあるページのURLは教えてくれますが、具体的にどの部分が悪いのかは教えてくれません。「文字が小さすぎるんですけど」と言われたら、それっぽいところを修正して再審査ボタンを押して数時間から数日待つ、を繰り返します。

googleさんも全世界のサイトをチェックし回っている都合上、そんなにしょちゅう自分のサイトばかり見てる暇はないということなんでしょうね。

他の機能としては、できたばかりのページを早く登録してもらうようにリクエストを送ったり、google botが巡回してきた時にbotがページ内容をきちんと理解できてるかどうかを確認したりなど、いろいろあります。

search consoleは、サイトの状態を管理する上で google analyticsと並んで欠かせない存在ですので、サイトを作ったらかならずサーチコンソールの設定も行いましょう。さらにanalyticsと連携すればanalyticsからサーチコンソールの情報にアクセスすることも可能です。

アナリティクスに正しいページタイトルが送信されているかチェックする方法

こんにちは、フロントエンドのフレームワークを使っていたりすると設定したページタイトルがきちんとアナリティクスに送られているのか気になりますよね?

クローム拡張を使って簡単にチェックしましょう。

Tag assistant (by google)
https://chrome.google.com/webstore/detail/tag-assistant-by-google/kejbdjndbnbjgmefkgdddjlbokphdefk

追加したツールバーにスマイル君が横になった荷札みたいなアイコンが出てきます。
← これ

chromeに追加したら目的のサイトに移動

緑色か青色になっていることを確認(なっていなければそもそもの計測タグまたはタグマネージャタグになにか不具合が発生している可能性大)

Enable をクリックして有効にする

以下gif参照(ポインタでURLバーを指してるところが始まりです)

google tag assistantの詳細はこちら↓
Tag Assistant Recordings を使用する

Blender でベイクする手順

Blenderは翌日には使い方を忘れるのでとりあえず手順をメモ

UV展開

1.UV展開 : モデル選択して、エディットモードにして全ポリゴンを選択し、左メニューのshading/UVs > unwrap > Smart UV Project

2.UVにテクスチャを適用:左下のメニューの3D ViewをUV/Image Editerに変更し、切り替わった画面の下の+ボタンでベイク用のテクスチャを新規に作成

Worldの設定

1.右のインスペクター内の地球のアイコンのworld設定を選択

2.Ambient OcclusionとEnvironment Lightingにチェック、適当な数値を入れる

ライトの設定

1.光源のモデルを選択して、右のインスペクター内の太陽っぽいアイコンを選択

2.Lamp > Energy で明るさを調整

3.Shadow > Samples で影の正確さ、Shadow > Soft Size で影のぼかし具合を調整

各マテリアルの設定

1.モデルを選択して、右のインスペクター内のマテリアルアイコンを選択

2.Shading > Ambient でアンビエントを設定

3D Viewでの設定

1.3D View で「N」を押して別のインスペクターを表示

2.Shading 内のmultitexture を GLSLに変更

3.Shading内のAmbient Occlusionにチェック、色を調整

ベイク

1.ベイクしたいモデルを選択

2.右のインスペクターのレンダリングアイコンを選択

3.Bake > Bake mode > Full Render

4.Bakeボタンを押す

Googleにページをすぐにインデックスさせる方法

ブログが全くインデックスされないので、Search ConsoleでURLを単位でリクエストを送ったらすぐにインデックスされました。

search console

 

Search Console > クロール > Fetch as Google

であとはページのURLを入れてくだけで、その場で処理されていきます。

送信したあとに「インデックス登録をリクエスト」ボタンが表示されますのでおすとダイアログが表示されます。

もろもろチェックしてから送信を押して終わりです。

簡単すぎてちゃんとインデックスされているのか疑いたくなります。

Google フォームで無料で簡単にお問い合わせフォームを作る

Googleフォームでお問い合わせフォームを作ろうと久しぶりに開いたら、若干UIも変わっていたり、相変わらず使い方が得る覚えで戸惑ったりしたので使い方のメモをざっくりと記載しておきます。

Googleフォームを開く

GoogleフォームはたぶんGoogleドライブとかGoogle ドキュメントの中の機能の一つです。ですので、ここではGoogleドライブを開いて新規を押します。

Googleフォーム

 

こんな感じ自分のアカウントだとその他の中に入ってました。開くと色は違うかもしれないですがこんな感じになってます。

Googleフォーム

タイトルにbackham contatと入れます。

Google フォーム

初めから空の質問項目が入っています。この項目をクリックして選択すると、「ラジオボタン」と表示されるので、そこをまたクリックするとこんな感じでドロップダウンメニューが表示されて、そこからフォーム項目を選択できます。

Googleフォーム

「段落」を選択します。これが長文を入力できるフォーム要素です。選択したら質問のタイトルを入力します。

Google フォーム

入力項目を追加するには右側のメニューの一番上にあるプラスボタンを押します。

Google フォーム

新しい項目が追加されるので同様に入力していきます。

Google フォーム

右下の必須をONにして必須項目にできます。削除するときはその隣のゴミ箱をクリックして削除します。

入力項目が全部設定できたら完成です。完成ボタンと公開するボタンとかなくいきなり完成です。このページのURLがお問い合わせフォームそのものになります。このあたりに戸惑ったのですが、どうもそうみたいで、あとはフォームの上にある、「回答」というところに、お問い合わせがたまっていきます。

Googleフォーム

画面上の目のアイコンがプレビューです。

Google フォーム

こんな感じで立派なお問い合わせフォームがすぐに完成します。

他にもラジオボタンで質問内容のカテゴリ選択を入れたりいろいろ追加できたり、

.hlsをブラウザ関係なく一発再生する “hls.js”

.hlsかmpeg-dashかとか、ChromeとFFとIEにvideo.jsと諸々依存ライブラリ入れるとか、そういうクソ面倒臭いこと一切抜きにして、videoタグで.hlsを一発再生してくれるhls.jsが素晴らしすぎます。

https://github.com/dailymotion/hls.js

ようやく.hlsだけでPCもスマホも全部カバーできる時代になってきたのを実感できます。

簡単すぎるけど、一応サンプルコード

<script src="https://cdn.jsdelivr.net/hls.js/latest/hls.min.js"></script>
<video id="video"></video>
<script>
  if(Hls.isSupported()) {
    var video = document.getElementById('video');
    var hls = new Hls();
    hls.loadSource('http://www.streambox.fr/playlists/test_001/stream.m3u8');
    hls.attachMedia(video);
    hls.on(Hls.Events.MANIFEST_PARSED,function() {
      video.play();
  });
 }
</script>

本当これだけです。

Unityでスクリーンショットも画面キャプチャもできない!って時の対処方法

ほんとこれに悩まされました。。
なぜかMOBILE&VRのデモアプリだけ、Galaxyのハードウェアボタンでスクショをとろうと思っても、真っ黒けになってしまって、全く何が起こっていたのかわからなかったのだが、ようやく謎が解けました!

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-13

ここにチェックが入ってると、スクショも動画もとれないです!