REALSENSE D415 を使ってUnityでモーションを取るまでのセットアップ

※今回はWindowsの説明だけしかしません。その他のOSは以下を参照↓
http://download.3divi.com/Nuitrack/doc/index.html
https://github.com/IntelRealSense/librealsense

モーションを取るのには、公式のSDKでは難しそうなので、NuitrackというSDKを使います。

公式のSDKも入れておいたほうがいいので、入れときましょう。
公式SDKのgithub
公式SDKのインストールファイル場所

公式SDKを入れたら、次にNuitrackを入れて行きます。

まず最初に、Nuitrackから、自分のOSにあったものをダウンロードしましょう。有料版と無料版があります。

無料版

有料版

ダウンロードしたら、次はインストールをしましょう。

ダウンロードしたファイルを解凍すると、OpenNI~~~ というインストールファイルがあるのでそれを実行してインストールします。

インストールが完了したら、次に解凍したファイルの中にnuitrackというフォルダーがあるのでそれをC:\直下にコピーします。( 人によっては D:\ )

コピー出来たら、今度はそれにPATH(環境変数)を通します。

PATHは二つ入れます。
一つは、” NUITRACK_HOME ” という名前で、値を C:\nuitrack にして環境変数にいれます。

もう一つは、環境変数のPathに C:\nuitrack\bin を追加してください。

以上でPathの登録は終了です。

次にUnityのSDKを入れます。
以下のDownload SDK and SamplesをクリックするとSDKをダウンロードできます。

ダウンロードしたら今度はそれを解凍したら、その中にある ” NuitrackSDK.unitypackage “をUnity(2017.3.1f1)にインポートしましょう。

以上でセットアップの完了です。

Firebase Hostingに Google Domains でサブドメインを設定する

ここからFirebase
1. Firebase の Hostingにもろもろデプロイする
2. Firebaseコンソールに入って、Hostingを選択
3. ドメイン > ドメインを接続
4. 設定しようと思っているサブドメインを入力(sub.mydomain.com)、「次へ」をクリック
5. Aレコードタイプが2つ表示される

ここからGoogle Domains
6.mydomain.comのDNSを選択
7.カスタム リソース レコードの@にsubを入力
8.カスタム リソース レコードのIPv4アドレスに、先ほどのFirebaseのAレコードタイプの1つ目のIPアドレスを入力
9.次に入力したIPアドレスの右にある「+」をクリックして入力枠を追加
10. 追加された入力枠に2つ目のIPアドレスを入力

ここからまたFirebase
11. ドメイン接続画面の「終了」をクリック
12. Hostingに戻ると、ドメイン欄のsub.mydomain.comのステータスが保留中に変更してあれば完了

Algoliaでネストされた値をフィルタリングする方法

Algoliaでindexからネストされた値をもとにフィルタリングするには、

AlgoliaのダッシュボードにあるdisplayタブにあるFaceting項目のAttributes for facetingに下のようにフィルタリングしたい値を設定して、

※ダッシュボードの変更は、セーブしないと適用されないのでちゃんとセーブしましょう。セーブボタンは、右上あたりに出てると思う。( 多分 )

index.search({
    facetFilters: ” ここにダッシュボードで設定したキーをいれる”
},
(err,content) => {
    if(err) throw err;
    console.log( content );
});
のように、facetFilters:” 設定したキー”で、フィルタリングした値が取れる。

[xcode] フレームワークの実機ビルドエラーとitunes connectのリジェクトを回避したときのメモ

carthageで入れたいくつかのライブラリで、実機ビルドでエラーがでたり、エラーを回避してもiTunes Connectでリジェクトされたりして、ハマったのでメモ。

SwiftyDropboox.framework
SocketIO.framework
Starscreem.framework

あたりをCarthageでいれてる。いろいろやったのでどれが効果があったのかはっきりよく覚えてないので、やったことをメモ。

Alamofire.frameworkで実機ビルドでエラー
=> Embedded FrameworkにAlamofire.framework追加して回避

Alamofire.frameworkがiTunes connectでリジェクト
=> Embedded Frameworkから外して、Run scriptでコピーで回避
=>Alamofire.frameworkのswiftmoduleからi_386,x86_64を削除

[Unity] CanvasScalerと座標

uGUIやRectTransformを使った画面のレイアウトをスクリプトから制御しようと思うと、座標の扱い方で混乱することがあるのでメモ。

mousePositionやtouchesの座標 > 画面の解像度座標
uGUI(RectTransform) > CanvasScaler内の座標

なので、座標の変換が必要

[VirtualBox][npm][webpack][Browsersync] windows10で突如Browser syncでExternalで接続できなくなった時の対処

  • ネットワーク設定をプライベートにしているか
  • プライベートネットワークのファイアウォールを切っているか

このあたりをまずチェック。それでもダメで半日いろいろとやっててわかったのは、

VirtualBoxのネットワーク設定で、環境設定>ネットワーク>ホストオンリーネットワークの中でアダプターがIPアドレス固定していると、browsersyncがそのIPアドレスでExternalを作る

なのでアダプターの設定を削除。

VirtualBox使うときにはまた追加しましょう。